無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCの手続き > ETCカードの発行手続きに関して

ETCの手続き

ETCカードの発行手続きに関して

ETCカードの発行手続きに関しては、次の3つのパターンが考えられます。

 

1.既に所有しているクレジットカードでETCカードの発行を申し込む

2.新たにクレジットカードを作成して、同時にETCカードの発行を申し込む

3.高速道路会社が発行しているパーソナルカードに申し込む


※ETCカードの発行は基本的にクレジットカードの所有が前提となりますが、 どうしてもクレジットカードは持ちたくないという人が申し込むのがパーソナル カードとなります。 パーソナルカードの詳しい説明はこちらから

 

既に所有しているクレジットカードでETCカードの発行を申し込む

自分が所有しているクレジットカードがETCカードに適応している場合、 カード会社に電話等でETCカードの発行を申請すればOKです。 無審査ですぐに発行してくれます。

 

ただしカード会社によっては、家族カードを持つことがETCカード発行の条件としているところもあります。(クレジットカードも家族に持たせなければいけないということです。)

 

これは発行会社によって違うので確認するようにしてください。

 

新たにクレジットカードを作成して、同時にETCカードの発行を申し込む

新たにクレジットカードを作成する場合には、クレジットカード発行の申請をします。その時に、ETCカード発行の有無を確認されるので、 『発行を希望する』旨を伝えます。 あとはカード会社の審査を経て、発行ということになります。 申請が終わったら、あとは待つだけです。

 

ETCカードは、発行会社によって機能や条件が違うということはなく、どこでも一緒なので、基本的には自分が好きなところで申し込みをすればいいのですが、一つだけ注意するとしたら、家族用にETCカードを作ることを考えている時です。

 

ETCカードにも家族カードがあるので、そちらを申し込むことになりますが、発行会社によってETCカードのみを追加で発行出来ることもあれば、クレジット機能付きの家族カードを同時に申し込まなければ、発行ししてもらえないところもあります。

 

クレジット機能と一体型のETCカードの場合、その可能性が大です。

 

自分の子供用にETCカードを作りたいけど、クレジットカードは持たせたくない。そんな時には、ETCカードだけを追加で発行してもらえる会社を選択する必要があります。ここは申請前に確認しておいたほうがいいです。

高速道路会社が発行しているパーソナルカードに申し込む

パーソナルカードは各高速道路会社に発行申請をすることになります。 クレジットカードのように与信審査があるわけではないので、誰でも作る ことができますが、パーソナルカードの発行にはディポジット(預託金)が 必要となります。

 

ディポジットの額は高速道路の使用状況によって変わってきますが 、1万円単位のお金を前金として必要になってくると考えておいてください。 パーソナルカードの発行手続きに関してはこちらのサイトで 詳細を確認できます。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード