無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCの手続き > ETC専用カードとクレジット併用カード

ETCの手続き

ETC専用カードとクレジット併用カード

ETCカードを使うときにはクレジットカード会社に申し込むのが普通の流れとなり、決済方法もクレジット決済が通常なので、ETCカードとクレジットカードがセットで発行されることになります。

このとき発行されるカードには、クレジット機能が併用したETCカードとETCのみに使用できる専用カードの2種類があります。

後者の場合、ETCカードとクレジットカードが2枚1組で送られてきます。

creditcard.gif

etccard.gif

※上がクレジットカード、下がETCカードです。


私は後者のタイプを使用しています。
万が一の盗難や紛失の可能性を考えてのことです。

専用カードであれば、なくしたときや盗難時でもETCでしか使えないので、それほど大きな被害にはならないでしょう。

盗んだ人や拾った人も、それで何かをしようとしても何も出来ません。ひたすら高速道路に乗っても意味がないですし(笑)


しかし、クレジット機能が付いている一体型カードの場合、ETC以外の目的で使われる可能性は十分にあります。

キャッシング枠が多かったりしたら、間違いなく現金を引き落とされてしまうでしょう。


カード会社が不正利用の保障をしてくれる体制になっているとはいえ、嫌なものです。

私も以前、クレジットカードを紛失した経験がありますが、手続きだけでも大変でした。(カード会社とのやりとりが色々出てきます。)

新しいカードが発行されるまでの間も不便です。


ですから、個人的には併用型ではなく、専用型のETCカードをオススメします。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード