無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETC車載器を知ろう! > ETC車載器が故障したかなと思った時、試してほしいこと

ETC車載器を知ろう!

ETC車載器が故障したかなと思った時、試してほしいこと

長年、ETCを使っているとカードの読み込みが悪くなることがあります。何年も使っていると車載器が寿命なのかと思い、買い換えなければと思われる人もいるかもしれません。

 

私が使っているETC車載器も反応が悪くなり、買い換えを検討したのですが、幾ら安くなったといっても、そこそこの金額がしますし、セットアップなども面倒です。

 

嫌だなと思い、何か対処策がないかとグーグルで検索したら、こんなものを見つけました。

 

 

 

ICカードを読み取る接点部の汚れを取るクリーナーです。

 

アマゾンの説明を読んで初めて分かったのですが、ETC車載器の修理依頼のなかで、最も多い原因が接点部の汚れによる接触不良なのだそうです。

 

接点部をクリーニングすれば元通りになるケースが多いらしく、そこで業者が利用しているのが、このクリーナーということでした。

 

クリーナーは2500円程度。車載器よりは断然安いということで、ダメもとで買って試したところ、カードを読み込めるようになりました^^

 

このクリーナー、とても良くできていて、専用のカードにクリーニング液を染みこませて、そのカードを車載器に差し込むだけです。すごく簡単です。

 

ETCの利用頻度が多い人にとっては、いざという時の備えになる

このクリーナーがいいなと思ったのは、いざという時に頼りになることです。

 

高速道路のサービスエリアで休憩をするので、ETCカードを抜いて車を離れた。戻ってきて、カードを差し込んだら、うまく読み取ってもらえない。

 

こんな時にクリーナーがあれば安心です。高速道路上でETCが使えなくなっても、料金所で手渡しをすれば対処してもらえるのですが手間ですし、精神的にも嫌なものです。

 

それが2000円程度のクリーナーを用意するだけで、その場で直るのであれば、常備しておいていいかなと思いました。

 

ただ、一つだけ注意点なのですが、洗浄液は蒸発しやすいらしく、高温での保管はNGということです。

 

夏だと車のなかは温度が上がるので要注意です。トランクに入れておく分には大丈夫だと思いますが、車内のダッシュボードや直接、日が当たるところに置いておいたらアウトです。保管場所には気をつけてください。

 

いずれにしてもETC車載器が壊れることって、そうはないようなので、カードが読み込めなくなったら、まずこのクリーナーを試してみてください。わざわざ買い換えなくて済みます。

 

補足:ETC車載器の修理料金は結構高いらしい

もし、本当に車載器が壊れた時、修理してもらうとどれくらいかかるだろうと思って調べてみましたが、けっこうな金額がかかるようです。

 

クリーナーを試してダメな時には、修理するよりも新しいETC車載器を購入したほうが早そうです。ちなみに、新品で購入したものであれば必ず保証期間が設けられています。期間内であれば無償で修理してもらえるので、保証期間が切れていないかどうかもチェックしてみてください。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード