無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETC車載器を知ろう! > ETCをオートバックスで取り付けてもらうと高くつく?

ETC車載器を知ろう!

ETCをオートバックスで取り付けてもらうと高くつく?

通販やネットオークションでETC車載器を購入、オートバックスのような量販店で取り付けをしてもらうと、費用は結構な金額になります。量販店の場合、持ち込みだと、店舗で購入したときの取り付け料の1.5〜2倍ぐらいの取り付け料を請求するからです。ETCをオートバックスで取り付け

 

金額にすると、セットアップ料で2000〜3000円、取り付け料で5000円程度になります。これでは、車載器を格安で購入した意味がありません。

 

では、どうすれば取り付け費用を安く済ませることが出来るのか? 幾つかの方法をまとめてみました。

 

セットアップ込みのお店でETCを購入する

まず、ネット通販などでETCを購入する時、セットアップを請け負ってくれるお店から購入するようにすることです。なかにはセットアップ料金を無料で行ってくれるお店もあります。

 

先ほども書いたように、オートバックスなどに持ち込むと、2000〜3000円ぐらいの料金がかかるので、この費用が浮きます。ちなみにセットアップはユーザーが自分で行うことは100%不可能です。そのため、ここは購入時に車載器料金に込みでやってくれるところ、あるいは格安で請け負ってくれるお店を選択するのが賢いやりかたです。

 

ETCの取り付けを修理工場などに依頼する

量販店ではなくて、個人でやっているような修理工場に依頼します。恐らく、量販店よりは格安料金で取り付けてもらえるはずです。

 

あるいは車を購入したディーラーや中古車屋さんに相談すると、安く取り付けてくれる業者を紹介してくれるかもしれません。ダメ元で聞いてみましょう。

 

 

ETCの取り付けを自分で行う

最後の手段としては、自分で取り付けを行うというやりかたがあります。それこそオートバックスのような量販店にいくと、シガーソケットにETCの車載器を取り付けるためのパーツが売っていますので、それを利用すれば、簡単に取り付けることができます。

 

欠点はシガーソケットを常時、利用することになるので、タバコを吸う人にとっては、ちょっと不便になること。配線がむきだしになるので、見た目がカッコ悪いということです。

 

しかし、この二点を気にしないようであれば、5000円の取り付け料が浮きますので、コスト的には最も格安です。ただし、セットアップが済んでいることが条件です。

 

 

オートバックスに取り付けてもらう時は平日狙いで

最後に、これは量販店に取り付けを依頼する時のプチアドバイスですが、出来ることなら土日は避けたほうがいいです。

 

お客さんが集中して、ピット作業も大忙しになるので、だいぶ待つことになりますし、噂では取り付けが雑になるという話もあります。

 

どこまで本当かは分かりませんが、平日の暇な時だと、丁寧にやってくれるのは間違いありません。持ち込むのなら平日です。

 

こんな感じですが、いずれにしてもオートバックスのような量販店に持ち込みでETCの取り付けを依頼すると、高くつくということは覚えておきましょう。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード