無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCパーソナルカード > ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカード

(ア) パーソナルカードの特徴


ETCカードを申し込むときには、クレジットカード会社と契約するのが一般的になっています。しかし、 なかにはクレジットカードは嫌だという人もいると思います。そんな方におススメなのがETCパーソナルカードです。

ETCパーソナルカードというのは、 クレジットカード契約をしない人でもETCを使えるように東日本/中日本/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、 阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCカードです。

 

ETCパーソナルカードは通行料金の支払いのみに対応しています。クレジット決済機能はありません。 ETCパーソナルカードを申し込みには郵便局に本人名義の通常貯金口座を用意する必要があります。郵便貯金口座に保証金(デポジット) を入れることで、初めて利用可能となります。

 

ちょっと不便なのが、パーソナルカードの場合、カード1枚あたり1,200円(税込み) の年会費が必要となります。クレジットカードの場合、年会費無料というところが大半なので、 なぜ今更年会費というところです。

 

こう考えると、既にクレジットカードを持っている人、クレジットカードを作ることに違和感がない人は、 ETCクレジットカードを利用したほうがお得です。


● ETCクレジットカードの例


年会費永年無料のOMC-ETCカード  

ちなみに、デポジット額は、計算式に基づいて算出されるのですが、実際に計算してみると、想像以上に高いことに驚きます・・・・ その計算式を知りたい方はこちらのページをどうぞ


(イ) ETCパーソナルカードのデポジット額


ETCパーソナルカードのデポジット額は、どれくらいになるのでしょうか?

この計算は少し面倒です。

 

まず、申込み時に、利用見込月額(有料道路の月平均利用額)と、年間最高利用月額(年間で有料道路を最も多く利用する月の金額) を申告します。これは見込みなので、あくまでも利用者の自己申告です。

 

次に利用見込月額を5千円単位で切り上げた額(1万円未満の場合は1万円)を4倍した額と、 年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額を比較、いずれか高いほうがデポジット額となります。かなり、ややこしいですね・・・・

 

『自己申告なので、低めに見積もっておけば、デポジットはいらないのでは?』こんなふうに思われた方もいるかもしれませんが、 カード発行後は、実際の利用実績に応じてデポジットの額が変更となります。

 

つまり、翌年度から、しっかりと払わなければいけないということです。なぜ、こんなことが必要なのかどうかわかりませんが、 使えば使うほどデポジット額も増えるので、そこはちょっと不便です。


デポジットの計算例:
A:利用見込月額が5,000円
B:年間最高利用月額が50,000円

(A)5,000円 → 10,000円(切り上げ)×4=40,000円
(2)50,000円 → 60,000円(2万円単位で切り上げ)

このケースでは、デポジット額は60,000円となります

かなりの金額になりますね

そう考えると、やはりクレジットカードのほうがよさそうです。

 

● ETCクレジットカード例
年会費永年無料のOMC-ETCカード




eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード