無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCの導入 > ETCカードのみ作りたいときの対処方法を考えてみる

ETCの導入

ETCカードのみ作りたいときの対処方法を考えてみる

ETCカードはクレジットカードとセットで申し込むのが通常なのですが 『クレジットカードは持ちたくない、ETC機能だけが欲しい』という方もいると思います。ETCカード

 

そんな場合には、どうすればいいのでしょうか?

 

法人が利用出来るETC決済専用カード

法人企業や個人事業主の場合には、下記のようなETC決済専用カードがあるので、こういったものを利用すればOKです。ケイ・シー・エム協同組合という中小企業を組合員として組織された事業協同組合が発行しているカードです。

ETC法人カード

 

ちなみに、この組合では、1ヶ月の高速道路利用料金が3万円を超える企業を対象にした、ETCコーポレートカードも発行しています。大口・多頻度割引が受けられるので、さらにお得です。

 

クレジット機能のないETCカード パーソナルカード

一方、個人向けのETC決済専用カードというのは、今のところ存在しません。

 

そのため、ETCカードのみを持ちたいという方は次のような方法をとっているようです。

 

まずは、高速道路会社が発行している前払い式のパーソナルカードに申し込むという方法。

 

もしくは、普通にクレジットカードとETCカードをセットで 申し込んで、カードが届いた後にクレジットカードは処分してしまい、ETCカードのみを持つという方法です。

 

どちらも料金の支払方法は、後日指定した口座からの引き落としとなり、手間は一緒なのですが、パーソナルカードの場合、デポジット(保証金)が必要です。デポジットの額は、高速道路の利用状況によっても変わってきます。

 

利用金額が多いほど、デポジットの額は高くなりますが、最低でも2万円かかります。少なくない金額が求められるので、ちょっと面倒です。そのため、後者のやりかたのほうが簡単ではあります。

 

ちなみにパーソナルカードは、何らかの理由でクレジットカードが作れないという人にとっても、代替となる選択肢です。今はクレジットカードの審査が厳しくなり、そう簡単に作れなくなっています。たとえ、ETCだけが目的としてもです。

 

そのため、万が一の時にはパーソナルカードを作ることで対処することになります。

 

家族カードという選択肢

最後に、これは最も単純な手段なので、家族の誰かがクレジットカードを持っていたら、そのカードでETCカードを作ってもらうというやりかたもあります。これであれば、自分がクレジット機能付きのカードを持つ必要はありません。

 

請求が家族に行くので、支払の流れだけはチェックしておく必要がありますが、カード発行の手続きも、最も簡単な方法なので、スムーズでいいかもしれません。個人でETC機能だけを利用したいという人には、案外オススメのやりかたです。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード