無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCの導入 > ETC愛用者からのアドバイス

ETCの導入

ETC愛用者からのアドバイス

私の周囲には、ETCがスタートした頃から、ずっと使っている人間が結構います。そういった人たちに、ETCを使うときの注意点をアドバイスしてもらいました。経験者ならではのアドバイスがいっぱいです。


(1)車載器は音声付きのものがいい

ETCの車載器は、音声ガイド付きのものがいいそうです。
理由は挿し込み不良を防ぐためです。カードの挿し込みが不十分な状態のまま、気がつかないというのは、よくあるそうです。



音声ガイド付きの車載器の場合、『差し込まれていません』というふうに音声で教えてくれるので、これが助かるそうです。音声ガイド付きの車載器は高くなりますが、それだけの価値があるということです。


それから、もしカーナビをつけているのであれば、車載器はカーナビと一緒のメーカーにすべし!というアドバイスももらいました。


メーカーを一緒にしておくと、ETCレーンの位置もカーナビが教えてくれるようになるからです。ETCレーンに入るために、直前で車線変更するのは大変なので、前もって場所を知っておいたほうが楽です。


そういった意味で、この機能も捨てられないということでした。



(2)車を運転しながら、カードの挿し込みはしないほうがいい

ETCカードを運転しながら車載器に挿し込むのは、実はかなり危険なようです。
CDを変えたり、エアコンをいじるような感覚でいると、大間違い、結構大変なようです。


この話は友達数人から聞いたのですが、みんな、車の運転には自信を持っているタイプの人間です。そういった人たちが口を揃えて言うのですから、止めたほうがよさそうです。


ちなみに、信号待ちの間などにすれば問題ないのですが、ここでマーフィーの法則をひとつ
『カードを挿し込もうとすると、信号が青になる』
案外、こんなもののようです。


横着せずに、ETCカードは出発前に挿し込んでおいたほうがよさそうです。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード