無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCマイレージの基礎知識 > ETCカードエラーが起きた時の対処法

ETCマイレージの基礎知識

ETCカードエラーが起きた時の対処法

ETCカードを挿入したら、直ぐにエラーブザーがなった。

 

聞こえてくるのは『読み取れません、お確かめ下さい』という電子案内。

 

実は、これは珍しいことではありません。車載器やETCカードがダメになったというのではなく、何かの調子で読み取れなくなるということは普通です。

 

長年利用している人であれば、一度や二度はこんな経験をされているのではないでしょうか?

 

ETCカードが読み取れない時の対処法

こんなときの対処法ですが、車載器からカードを取り出してもう一度入れ直してみましょう。それでもダメな場合は、車のエンジンをかけ直してから、試してみてください。

 

一度ではダメでも、何度か繰り返したり、時間をおいて試すと読み取ってくれることもあるので、あきらめずにトライしてみましょう。

 

ちなみに、車に乗り降りするたびに抜き差ししているという人は、差し込む方向が間違っていないかどうか確認してください。単純なことですが、表裏が逆になっていたなんてミスはしょっちゅうです。

 

どれだけ慣れていたとしても起きることなので、要チェックです。

 


どうしてもダメな場合には、料金所で事情を説明して、手渡しでカードを渡せば、マイレージサービスは受けられます。ただし、各種割引については、入り口に関しては、通行レーンを通過しないと受けられないので要注意です。

 


ちなみに、何をしても読み取れない場合には、カードのほうに不具合があるという可能性のほうが高いので、発行会社に連絡して新しく発行してもらいましょう。

 

突然、ETCカードが認識されなくなる時もある

いずれにしても、事前に気づいたのであればいいのですが、危ないのはETCカードを車載器に入れたままにしておいて、あるとき突然、読み取れなくなり、しかも、気づかないというケースです。

 

レーンの入り口でバーが開かず、つい急ブレーキなんてことになると事故につながります。

 

管理人も経験があるのですが、カーステを常にかけている状態にすると車載器の音声メッセージが聞こえなかったりします。それで、高速に乗るときまで気づかなかったということがありました。

 

交通量がほとんど無い、地方の有料道路の入り口だったので、止まっても何の問題もなかったのですが、これが東名あたりだったと思うと、ぞっとします。

 

バーを突っ切っていけるということを知識として知っていても、いざという時には、出来ないものです。
バーが開かないと反射的にブレーキを踏んでしまいますが、後続車は前の車が止まるものとは考えてないので、下手をすると追突されます。

 

高速道路に乗るときには、ETCが正常に作動しているかどうか確認しましょう。

 

また、その日に初めてETCレーンを通過するときには、スピードを落として、いざという時、停止しても後ろからぶつけられないようにしておくといいです。ちょっとした知恵です。せっかく、割引を受けるために利用しているETCカードが原因で事故に遭ってしまったら本末転倒です。注意しましょう!



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード