無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCマイレージの基礎知識 > ETCカードの年会費を気にする人が知っておくべきこと

ETCマイレージの基礎知識

ETCカードの年会費を気にする人が知っておくべきこと

ETCカードはクレジットカードとセットになっているため、クレジットカードの年会費がかかります。ETCカードの年会費年会費の金額はクレジットカード会社によってマチマチです。 年会費が永久にかからないカードもあれば、1年目だけ無料というカード、1年目から年会費が発生するカードというふうに分かれます。

 

 

 

ETCカード年会費の相場

年会費が発生する場合、1000〜1500円前後、ゴールドカードの場合、一万円以上というのが相場です。 ETCカードとしての機能は全社共通なので、あとはクレジット会社が提供する付帯サービスの内容を吟味して、カードを選択することになります。

 

基本的には年会費が無料だからといって、サービス内容が悪いということはありません。年会費を気にせず、自分にとって使い勝手が最もよさそうな1枚を選んだら、年会費無料だったということも珍しくありません。

 

初年度無料のETCカードに注意

年会費を気にするということであれば、初年度無料なのか、永年無料なのかどうか、必ずチェックするようにしてください。

 

初年度無料というのは、入会した年だけ会費が無料となるカードです。2年目からは普通に年会費が発生します。1年間で10万円以上カードを利用したら、翌年の会費が無料になるといった条件がついていることもあります。

 

それに対して永年無料というのは、無条件で永久に年会費がかからないというカードです。シンプルで分かりやすいですね。

 

無料という文言が載っているとしても、よくよく読んでみると初年度だけといったケースはよくあります。目立たない文字で書いてあることもあるので、ETCカードを作るときには、注意深く確認してください。

 

永年無料のETCカードでも年会費が発生することがある

もう一つ、カードの年会費について注意すべきことは、入会時は無料だったのに、途中から費用がかかるようになるケースがあることです。

 

これは単純にクレジット会社が、条件を変えたということです。利用者側からすればだまされた感もあるかもしれませんが、正直なところ、よくあることです。

 

とは言っても、いきなり年会費を徴収するといったことはなく、必ず事前通告があります。1年から半年前ぐらいにハガキでくることが多いようですが、そのときに利用を続けたくないということであれば、解約手続きをすれば問題ありません。

 

ただ、元々が年会費無料だと、つい存在自体を忘れて気がつかないままだったりします。これだと会費を徴収されるだけでもったいないので、気をつけましょう。

 

基本的には利用していないクレジットカード・ETCカードは解約すべきです。持っているだけで悪用されるリスクがあります。リスクといっても滅多にないことなので、それほど気にすることではないのですが、使っていないのであれば、わざわざリスクを冒す必要はないので、必ず解約するようにしましょう。

年会費無料のETCカードも色々ありますが、こちらのページでは、そのなかでも人気の高いカードを数枚ピックアップしてまとめています。 是非、参考にしてください。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード