無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCマイレージの基礎知識 > ETCカード、パーソナルカードとは? 二種類のカードの違い

ETCマイレージの基礎知識

ETCカード、パーソナルカードとは? 二種類のカードの違い

ETCを利用するには専用カードが必要となります。それがETCカードと呼ばれているものです。クレジットカード会社が発行しており、走行料金もカード会社が月単位でまとめて徴収する仕組みです。(クレジットカードと全く一緒です。)

 

ETCカードを作るにはクレジットカードを合わせて作ることが発行条件となっています。既にあなたが所有しているクレジットカードがETCに対応しているようであれば、カード会社に発行を依頼すれば、審査なしで作成、数日で郵送してもらえます。ETCカードとパーソナルカード

 

クレジットカードを新たに作成する場合には、各カード会社規定の審査を通過する必要があります。

 

 

 

 

 

クレジットカードなしでETCカードを持ちたいときには

どうしてもクレジットカードを持ちたくないという場合には、高速道路会社が発行しているパーソナルカードを利用するという選択肢もあります。パーソナルカードで利用した通行料金は、ゆうちょ銀行もしくは銀行の貯金口座や預金口座から毎月、指定日に引き落としとなります。

 

ETCカードと同じように利用出来ますが、一つだけ面倒なのは一定金額をデポジット(預託金)として振り込まなければいけないということです。

 

このデポジットの金額ですが、結構高めです。高速道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額の4倍、もしくは年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額のいずれか高いほうをおさめることです。

 

ただし、平均利用月額が10,000円を満たない場合には、10,000円として算出されるので、これで40,000円となります。要するにデポジット額は最低40,000円以上になるということです。なかなかの額です。

 

パーソナルカードの年会費

パーソナルカードを利用するときには、別途年会費を支払う必要があります。1200円と大きな額ではありませんが、クレジットカード付帯のETCカードには年会費は発生しないので、無駄なお金ではあります。

 

既にクレジットカードを所有しているということであれば、そちらを利用したほうが便利です。

 

ETCカードのみを利用したいという人の場合、クレジットカードと一緒に申し込んで、こちらは家のどこかに分離して保管して持ち歩かないようにしておくというのが一般的のようです。

 

ちなみに、クレジット機能を使わないとカード会社から利用の催促が来るのではと考える人もいるようですが、ETCを利用していれば、こちらもカード利用という扱いになるので、何も言われないですし、一定額の利用で年会費が無料になるというカードであれば、ETCのみの利用でも対象となります。

 

所有はするけど、実際に使うのはETCカードだけにする。こういった感じですね。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード