無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCマイレージの基礎知識 > ETCカードを持つと、どれくらい得するの?

ETCマイレージの基礎知識

ETCカードを持つと、どれくらい得するの?

ETCカードを所有することで、どれくらい得をするのか?

気になるところだと思いますが、実際に使っている人間からすると想像以上にお得感を感じているというのが正直なところです。

そのもっとも大きな理由がETCのマイレージポイントです。

走行料金に応じて付加されるポイントが一定額になると、無料通行分に還元されることになっていますが、その還元額がかなり大きいんです。

下記の表は東日本、西日本、中日本高速道路株式会社が設定している還元レートです。

※還元レートは各高速道路会社ごとに設定されており、微妙に差があります。

 

ポイントの交換単位

還元額(無料通行分)

 100ポイント

 200円分

 200ポイント

 500円分

 600ポイント

2,500円分

1,000ポイント

8,000円分

 

通行料金50円ごとに1ポイントがつくので、5000円で200円分、50000円で8000円分の還元となります。 ハイウェイカードと一緒ですね。

実際にETCカードを使うときには、8000円分が貯まるまで待つことになると思いますが、50000万円分、通行するというのは、それほど難しいことではありません。

高速道路を1時間走れば3000円ぐらいの道路料金がかかります。
(こう考えてみると高速道路は高いですね。)

週末にちょっと遠出しても往復で1万円ぐらいかかるのは珍しくありません。それを数回繰り返せば5万円ですから、それで次の8000円分の走行が無料になるかどうかというのは大きな違いです。


マイレージポイントはポイントがついた年度の翌年度末が有効期限となるので、1〜2年間もつことになりますので、車で日帰り旅行をするユーザーであれば、恐らくマイレージサービスの恩恵を受けられるでしょう。

ETCカードを使うと、通行料金の割引を受けられるなど、他にも幾つか得することがありますが、何といってもこのポイントサービスが最大の魅力です。

ちなみにポイントの還元というのは、今まで所定の手続きを踏む必要があったのですが、
1000ポイントを自動で交換できるサービスもあるので、こちらも便利です。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード