無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド >  バイクETC > バイクにETCを取り付けるときには&自主運用という裏技の真偽

 バイクETC

バイクにETCを取り付けるときには&自主運用という裏技の真偽

バイク専用の車載器が登場して、二輪でもETCを使えるようになりました。今まではETCカードを料金所で手渡ししなければいけないという面倒なものでしたが、車載器を取り付けることで、走行レーンを活用することができます。バイクETC

 

バイクにETCを導入する流れ


二輪車への導入方法や使用方法は四輪と全く一緒です。車用にETCカードを持っている人は、そのカードをそのまま二輪にも使用できます。1枚のカードで車とバイクで使い回しが出来るということです。


唯一の注意点は車載器。


車用の車載器は室内利用を前提としているため、バイクには使えません。必ず二輪専用の車載器を取り付ける必要があります。法的にも違法になるようなので要注意です。

 

詳細はこちらのページに説明があるので確認してみてください。車と同じようで細かい違いが色々とあるので、一度チェックしておいたほうが無難です。
http://www.go-etc.jp/nirin/

 

四輪用のETC車載器を軽四輪登録し、バイクで使用する自主運用という裏技

専用の車載器が登場したのはいいのですが、問題なのは料金が高額なこと。四輪用であれば、安いものは5000円前後ですし、下手したら取り付けキャンペーンなどで無料で入手出来る機会も少なくありません。しかしながら、二輪用となると1万円ぐらいはかかってしまいます。

 

それで、四輪用の車載器を軽自動車として登録、それをバイクで使用するという裏技を使っている人が少なからず存在します。『自主運用』という言い方で広まっていますが、こんな使い方もあります。

 

これは正確には違法です。ETC車載器の登録は、車両単位で行われることになっているので、登録した車両と違う車で利用することは違反行為です。軽自動車登録した車載器を使用して高速道路を通行している普通自動車やトラックのドライバーが検挙されたという報道もたびたびあります。

 

ただ、二輪車の場合、軽自動車と通行料金が変わらないため、高速道路公団や警察も見ぬふりをしているという面もあるようです。実際、NEXCO東日本に問い合わせたら、自己責任で使ってくださいという回答があったという話をネット上で公開している人もいます。

 

トラックや普通車の不正利用ほどには、神経を尖らせてはいないというのが正直なところのようです。

 

 

バイクETCの自主運用は面倒だけど・・・

ただし、基本的に違法行為であるのは間違いないので、何かあった時のダメージは大きいと言えます。

 

四輪用の車載器をバイクにセットアップしてくれるお店はないので、全て自分で行わなければいけないこと、四輪用車載器だと、当然防水仕様などにはなっていないので、雨の日などは、どうなるか分からないということなど、色々とリスクもあります。

 

二輪の整備がプロ並みに出来るという人でも無い場合、取り付けが原因で思わぬトラブルを引き起こす可能性もありますし、文字通り自己責任で行う必要があります。

 

ETC車載器が高いといっても、1回限りのことですし、8000〜10000円の出費で済みます。その後、こそこそ隠れることなく、堂々と使用出来ることを考えると、普通にバイク用の車載器を取り付けたほうがいいのかなという気がします。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード