無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ちょっと気になるETCの話題 > ETCゲートが開く速さ

ちょっと気になるETCの話題

ETCゲートが開く速さ

2009年の春ぐらいからでしょうか、ETCゲートが開くタイミングが遅くなりました。通行レーンの制限速度を守らせるための処置だと思いますが、以前と同じ感覚でいると、一瞬ヒヤッとします。

今となってはだいぶ昔の話なので、慣れた方が多いと思いますが、ETCゲートの開く速度を把握していないと、ゲート間際で急ブレーキを踏むことになり非常に危険です。自分はいいのですが、後ろから追突される危険性が高くなるからです。

ETCゲートでは、ワザとスピードを落とすべき

先日、東名に乗ろうとしたときには、高速の入り口で警察が取り締まりをしていました。ETCレーンの入り口のところだけにいたので、ETCレーンの速度超過をチェックしていたのではと思います。

いけないことなのですが、私は結構、ETCゲートを通過するときにスピードを出すほうです。今回、ゲート開閉のタイミングが遅くなったので、その分、スピードを落とすようになったのですが、30キロぐらいでも、ぶつかりそうと感じます。

今では、おとなしく制限速度近くまで落とすようにしましたが、ゲート通過時に速度を落とすことは、自分の安全にもつながります。

ETCレーンを通過するときには、スピードを出しすぎないようにしましょう。

ETCゲートに入る時には、前の車との車間を空ける

ETCゲートを通過する時、自分の前に車がいるようでしたら、少し多めに車間をとっておきましょう。ETCゲートを通過する速度は20〜30キロですが、それでも急ブレーキを掛けられると、車間を詰めていると止まりきれず、ぶつかってしまいます。

30キロぐらいでも急ブレーキをかけるようなタイミングでぶつかると、かなりの衝撃となるのでバカにならない事故になってしまいます。

高速道路を走ってきた状態だと、ETCゲートの通過スピードは殆ど止まっているような速度と勘違いしてしまいますが、実は結構な速さです。油断すると追突してしまうので要注意です。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード