無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCカードの賢い使い方 > ETCカード通勤割引の裏技を使って割安料金で通行する

ETCカードの賢い使い方

ETCカード通勤割引の裏技を使って割安料金で通行する

ETCカードには『通勤割引』という割引制度があります。 朝6時〜9時、夕方17時〜20時の間に入口もしくは出口料金所を 通過すると通行料金が50%割引になるという割引制度です。 半額ですから非常に魅力的なのですが、通勤割引には、様々な適用 条件が設定されています。

 

  • ETCが整備されている入口料金所をETC無線通信により走行
  • 所定の時間に入口料金所もしくは出口料金所を通過
  • 総利用距離が100km以内の場合
  • 朝夕の時間帯で1回限り有効
  • 大都市近郊区間は割引対象外

 

この割引制度、裏技と呼ばれる色々なテクニックが存在します。

 

ETC早朝夜間割引を活用する裏技

一番、簡単でかつ使える裏技が早朝夜間割引と組み合わせるテクニックです。早朝夜間割引は、22〜6時の時間帯に走行した時に50%割引となる制度です。

 

基本的な条件は、ほぼ通勤割引と一緒です。適用の時間帯だけが違うと考えてください。ただし、早朝夜間割引は何度でも受けられるので、そこもうまく活用すると、深夜に走行する時には、何かと有利になります。そこは、こちらのページ『ETCカード早朝夜間割引の裏技を使って割安料金で通行する』を参考にしてみてください。

 

話を元に戻すと、たとえば朝5時から8時まで高速道路を走行するという場合、そのまま走行すると、走行距離が100kmを越えるので、割引を受けられません。

 

 

そこで、100kmを越える前に一度、高速道路を下りて、また乗るということで割引の対象とするのが基本的なテクニックとなりますが、ここで時間も考慮します。乗る時間、もしくは下りる時間を、それぞれの割引の時間帯にひっかかるようにしておけば、早朝夜間割引と通勤割引の両方を利用することが出来ます。

 

 

ETCカードを複数枚持つことで、通勤割引を何度も利用する

もう一つの裏技として抜け道があるのが、『1回限り有効』、 『総利用距離100キロ以内』という項目です。 やりかたは簡単、カードを2枚以上使うということです。

 

 

走行距離が100キロを超えそうになったら、一度高速道路から下ります。 そこで別のカードに差し替えれば、また割引を使って走行できます。 一度、途中で下りなければいけないときも、そこで変えれば 問題無しです。

 

 

本来は認められていない、やりかたなのですが、雑誌やネットなどで 出回っている裏技であり、活用している人が多いやりかたです。 私が最初に、この裏技を知ったのは2007年頃ですが、2012年現在でも、まだ使えっている人が多いようなので、まだ通用する裏技です。

 

 

ETCカードを2枚以上持つときには、それぞれのカードをマイレージ登録 することを忘れないようにしましょう。 1台の車載器に対して、5枚まで登録することが可能です。

 

 

ちょっとしたことですが、これだけで高速道路の料金を半額にすることが出来るのですから、かなり大きいです。ETCカードの通勤割引を最大限利用する意味でも覚えておきましょう。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード