無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > カードと保険 > あなたのクレジットカード暗証番号は狙われている!

カードと保険

あなたのクレジットカード暗証番号は狙われている!

クレジットカードとキャッシュカードの偽造、盗難をあわせると、年間被害額は、40億円とも50億円ともいわれています。


犯罪の裏には、プロの組織が関与していることが少なくありません。


ものの10分、15分のうちに、手持ちのカードすべてをやられた、といったケースも、カード会社勤務時代に遭遇しました。


証番号を生年月日や携帯番号にしている場合は、もってのほかですが、暗証番号をわかりにくい番号に設定しているから、と安心している場合ではありません。


ご存知でしたか?


暗証番号をわかりにくく設定していても、何百万という現金を引きおろされ、被害にあった人が少なくない、という事実を。


「暗証番号は絶対バレない!」とガードを甘くしていてはいけません。あなたの暗証番号は、「盗みみられている」可能性があります。


次のときは、とくに注意が必要です。


・銀行で預金を引き出しているとき

・店頭で、買い物し、サインのかわりに暗証番号を入力しているとき


暗証番号を盗み見る→その後、財布などをひったくる→近くのATMで現金を引き出すという見事な流れで、現金がいっきに引き出されてしまうのです。


銀行のキャッシュカードとクレジットカードの暗証番号が同じ場合は、もう、アウトです。


預金額、カード利用可能額が大きいひとは、被害額も大きくなります。


ですから、暗証番号は、ただしく設定しただけで安心せず、かならず見られないよう、最新の注意を払っておきましょう。


具体的には、ATMはなるべく隣にひとがいないレーンで操作するようにしましょう。


そして、銀行、ATMから出たあとも、気をゆるさず、バッグをしっかりと持ち、警戒しておきましょう。


警戒しているとわかれば、あえて手を出さないです。ガードが堅い人に痴漢が手をださないのと同じです。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード