無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > カードと返済 > 任意整理 (裁判所を通さず、弁護士等に依頼する方法)

カードと返済

任意整理 (裁判所を通さず、弁護士等に依頼する方法)

カンタンに言うと、「借金をまけてもらう」制度です。


単純に、踏み倒したり、「まけて」という話ではなくて、
合法的に「まけてもらう」ことができるのです。


なぜかというと、「利息制限法」という法律で、
借金の利息は、上限が決まっているからなんです。


<利息>
・10万円未満・・・・・・・・20%
・10万円〜100万円・・・・・18%
・100万円以上・・・・・・・ 15%
(遅延損害金は、それぞれの1.46倍)


銀行などのローン金利はだいたいこの範囲に収まっていますが、
消費者金融などのキャッシング、ローンの金利は、
だいたいこれよりも高い場合がほとんどでしょう。


消費者金融などの貸金業者は、
利息制限法より高い金利でもいいという事になっているので、
30%に近い金利のローンも多くあります。


ただし、「出資法」によりその上限は、29.2%と定められていますので、
これを超えるものは違法です。


この法律を武器に、「利息制限法」の利息よりも、
借りた人が多く利息を払った場合は、
利息制限法の金利で計算し直して、
金額を減らす交渉ができるわけです。


ここでおすすめしたいのが、
弁護士に交渉を依頼することです。

任意整理は、裁判所を通さない整理方法なので、
基本的には、借りた人が業者に直接交渉しても、
なかなかまとまりません。


専門家である弁護士さんに依頼したほうが
スムーズに進みます。


また、弁護士さんが介入することが決まると、
「介入通知」を業者に提出します。

すると、業者は、
お金を借りた人のところへ直接借金の取りたてには行けなくなるのです。


この時点では、
借金の減額が保証されたわけでもなんでもないのですが、
業者が取立てにこないだけでどれだけ精神的に楽になるか、
計り知れません。


(借金取りではないですが、
私自身、とある業者に追い回されていた経験があります。
朝晩かまわず大声で名前を呼ばれ、玄関のドアを思い切り叩かれて。
町でいつ遭遇するかとビクビクして、
家に居ても外にいても、恐怖が付きまとい、
精神的に疲労困憊でした。)


利息制限法に基づき、返済額を出し、返済計画案を作ります。
貸し主(業者)がこれに合意すれば、交渉成立。
返済計画案にもとづき、返済をしていくことになります。


一括で返済できれば一括で。
一括が難しい場合は、返済能力に応じて、
3年で完済できる計画をつくるのが基本とされています。


ちなみに、任意整理をした場合、
5年〜7年の間は、新たにクレジットカードを作ったり、
借金をすることはまずできません。


「できるよ」という業者がいたら間違いなく悪徳です。
断固ご利用されませんように。

借金を整理した場合、家族に迷惑がかかるのでは?
とご心配されるかたが多いのですが、大丈夫。

家族自身が任意整理など事故情報がなければ、
ご家族がクレジットカードを作ることも、
お金を借りることもできます。


また、任意整理をした人は、家族がもっているカードの
家族会員になれるチャンスはあります。


その場合は、同じことの繰り返しにならないよう、
借金を返し終わってから家族会員にしてもらったり、
収入の1割〜2割を上限に、カード利用をするなど、
工夫をすることが大切です。


いづれにしても、借金整理に関しては、
専門家の力を借りることが、解決の糸口になります。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード