無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > カードと返済 > クレジットカード 一括払いの落とし穴!

カードと返済

クレジットカード 一括払いの落とし穴!

お支払の基本は、手数料なしの一括。一括で払える範囲の金額で利用するクセをつけておけば、特に問題ないことかと思います。が、一括払いにも大きな落とし穴が!!!


●実際にあった怖い話し 〜Aさんの場合〜


こんな話があります。


毎月10万から20万は軽くカード利用をしていたAさん。


特に延滞もなく、きちんと支払を続けていたので、カード会社から「優良会員」扱いを受けるほど、よいお客さんだったのです。


ところが、Aさん、入院を気に、会社を退職することになったのです。


あればあるだけ使う、という生活をしていたので当然貯金もほとんどなし。しかも、利用はすべて、手数料のかからない一括払いのみだったので、さあ大変。


翌月、その翌月と2ヶ月に渡って、10万〜20万の請求が。


生活費以外に払えるわけもなく。はじめて延滞。(というか、期限を延ばしても一括ではムリ!)


「分割で払いますので、分割にしてください!」と掛け合ったときはすでに遅し。


「請求が出たあとには、変更できません!他で借りるでもして、なにがなんでも払ってください。払っていただけないと知りませんよ。」


Aさんは、優良会員から、一気に要注意人物になってしまったのです。


そして、お約束のように、キャッシング、カードローン、消費者金融、と手を出していったのでした。


実は、ちょっと知識があるだけで消費者金融に手をださずとも返済ができたはずなのです。


そう、一括払いにしていても、請求が確定するまでにカード会社に連絡すれば、あとから分割払いやリボ払いにできることを、このときのAさんは知らなかったのです。


「リボは危ない」という思い込みから、「リボは使わない!」と決めていたAさんは、リボに関しての知識を一切もっておらず、その結果、無知により自らの首をしめることになったのです。


その後Aさんは、延滞分をすべて返し終え、一括ではなく、分割払い、リボ払いもうまく使うことで、生活費を確保しながら、延滞することもなくクレジットカードに助けられながら生活をしています。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード