無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > 賢いカードの選び方・使い方 > ETCカードのポイントに関して覚えておいたほうがいいこと・・・・・・・・・下手したら逆に損をします

賢いカードの選び方・使い方

ETCカードのポイントに関して覚えておいたほうがいいこと・・・・・・・・・下手したら逆に損をします

クレジットカードの魅力の一つが利用金額に応じて貯まるポイントです。商品券や図書券などと交換出来たり、プレゼントがもらえたり、なかにはTSUTAYAのポイントや航空会社のマイルに還元出来るカードも出てきています。


ただし!!

ポイント還元にメリットを感じて、ETCカード選びの基準とするのであれば、頭に入れておいておかなければいけないことがあります。

それは、ポイントの還元率というのは元々が低いので、それほど簡単には貯まらないということ、ポイントの貯まり方はカードによって違ったり、同じETCカードでも利用状況などに応じて細かく変わるので、非常に分かりにくいということです。


クレジットカードの還元率は元々低い

カード会社によってポイントの還元率は違いますが、一般的なクレジットカードで0.5%、還元率が極めて高いと言われるカードで1.5%ぐらいです。

つまり、1000円分の商品券をもらうためには、15万円分、利用しなければいけません。

0.5%の場合、45万円分使わないといけないので、ずいぶんお得なような気がしますが、そもそも15万円使って、もらえる額が1000円というのは少ないですよね。

それほど大きな額にはならないということです。


そういった意味でポイントというのは、あくまでもオマケです。


これであれば、たとえば頻繁に車を使うような人であれば、『ガソリン代がリッターあたり2円安くなる』というようなガソリンカードなどのほうが、よっぽど実利があると思います。

この点は、よく考えたほうがいいかもしれません。


ちなみに、あくまでもポイント狙いでいくというのであれば、絶対に年会費無料のETCカードにすべきです。

クレジットカードの年会費というのは、通常のカードで1500円程度します。ポイント還元率に照らし合わせれば、利用金額が20〜60万円分です。

ポイント狙いで選んだのに、実は獲得したポイントよりも年会費のほうが多かったということになっては元も子もありません。


ちなみにゴールドカードの年会費は1万円。ポイントに還元すれば、車が一台買えるような金額になります。こう考えてみると、ETCカードの年会費というのは大きいです。

ポイントの貯まり方は複雑

100円使ったら1ポイントというふうに分かりやすければいいのですが、クレジットカードのポイントのたまりかたというのは色々と条件が複雑です。


『最大還元率2.5%!』というような表示があっても、実はそのためには年間300万円ぐらいの支払をしなければならず、実際に使ったら還元率が1%にも満たなかったというようなケースはざらです。


逆にAというETCカードでは公共料金をカードで支払うようにするとポイントが貯まりやすいとか、BというETCカードでは携帯料金をカード払いにするとポイントが3倍になるというふうに、知っておくと得するような細かい条件もあります。


これらを色々と見たうえで比較検討しないと、本当にお得なカードというのは分からないですから、かなり大変です。


そこで、このサイトでは管理人の独断と偏見で2つのカードをポイントで得をしやすい優良ETCカードと認定します。


そのETCカードとは・・・・


答えはこちら↓
管理人が独断と偏見で選ぶ、最もポイント還元が高いETCカード



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード