無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > カードの基礎知識 > 発行元によってこんなに違うクレジットカードのメリット

カードの基礎知識

発行元によってこんなに違うクレジットカードのメリット

クレジットカードは、銀行系カード、信販系カード、流通系カードなど
幾つかの系列に分かれますが、それぞれ特徴があります。

利用目的やカードに求めるメリットによって、持つべきカードが違ってきますので
最初に違いを把握することが大切です。

このページでは、系列ごとの特徴について、お伝えしていきます。

銀行系カード:サービスが充実、加盟店も多い



銀行系カードは他の系列に比べて、加盟店数が多く、チケット予約や情報サービスといった
付属サービスも充実しているため、利便性に優れているのが特徴です。


銀行がバックについているので、ステイタスが高いのも頭に入れておきましょう。


●オススメの銀行系カード:




シティカード
世界No.1のシティバンクが発行しているクレジットカード
信用度は抜群です


信販系カード:支払い方法が色々選べる




信販系カードは一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど、支払方法が多数あるのが
特徴です。

銀行系に比べると、
入会審査がゆるやかなので、銀行系カードでは審査に通らない人でも
申し込みを受けつけてもらえる可能性があります。

海外旅行傷害保険や携行品盗難保険が自動的についてくるのも大きなメリットです。
(他の系列では、普通ゴールドカードのみに付帯する特典です。)


●オススメの信販系カード:


OMCカード
ダイエーグループが発行しているクレジットカード
利用できる用途が多いのが特徴です


流通系カード:年会費無料が多い



スーパーやデパートが発行しているのが流通系カードです。そのグループのお店で使うと、
割引やポイントサービスがついてきます。

年会費無料、もしくは初年度無料というケースが多く、ポイントの還元率が高いので
日常生活に必要な買い物をする主婦にとっては、メリットが高いカードです。


●オススメの流通系カード:


特典満載のおトクなセゾンカード
付属の特典がスゴイです


eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード