無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > カードの基礎知識 > 日本でのクレジットカード発行状況

カードの基礎知識

日本でのクレジットカード発行状況

日本でのクレジットカードの発行状況はどんなものなのでしょう? 実情を知ったら驚くはずです。


2003年時点で、2億5千万枚以上が発行(日本クレジット協会 統計参照)され、年々発行枚数は増加しています。日本の人口で単純計算すると、ひとりあたり2枚はもっていることに。


当然、カード審査の基準に満たない18歳未満、そしてカードになじみがない高齢のかたを除くので、実際には、ひとりあたり4枚、5枚、6枚、と持っている計算になります。


(2004年3月の日本信販の調査によると、カード所有者のなかで、4枚以上持っている人が全体の21%もいるという結果がでました)


クレジットカードには、銀行系、信販系、流通系、石油系、などいくつか種類がありますが、一番発行枚数が多いのは、10年間かわらず銀行系クレジットカードです。


ついで、流通系クレジットカードが、10年前に2位だった信販系を抜いて、発行枚数を伸ばしています。(日本クレジット産業協会「系統別発行枚数」参照)


・銀行系:【UCカード】【三井住友カード】【UFJカード】【DCカード】【シティバンク】など。

・流通系:【セゾン】、【OMC】、【イオン】など
・信販系:、【日本信販(NICOS)】、【オリエントコーポレーション(オリコ)】、【ジャックス】、【ライフ】など


一般に、銀行系はカード審査が厳しいといわれていますが、発行枚数が一番なのは、興味深いですね。


流通系は、デパート、スーパーなど、主婦やパートのかたでも持てるカードを発行しはじめたことから、発行枚数が伸びたのでしょう。


今までカードが作りにくかったひとも、カードを持つ選択肢が増えています。同時に、カードの種類が増えるということは、多くの情報のなかから、自分にあったものを選び、適切に活用する力を身につけることが大事になってきますね。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード