無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > カードの基礎知識 > クレジットカードの返済に遅れた場合の返しかた

カードの基礎知識

クレジットカードの返済に遅れた場合の返しかた

遅れてしまったから、といってそのままにしておいてはいけません。ペナルティをできるだけ課されないよう、自分の「信用」をあげる姿勢・行動が大切です。もし遅れても、ぎりぎりセーフにできる場合を特別にご紹介しちゃいましょう!


@翌日入金でも延滞にならない!ケース

実は、振替口座によっては、毎日引き落としが自動でかかるものがあります。この場合、当日の15時までに入金が間に合わなかったとしても、入金さえしておけば、翌日には、引き落としがかかるしくみです。


通常、カード会社では、引き落としがきちんとできているかどうか、は、引き落とし当日にはわかりまん。金融機関から「引落としできてますよ」というデータがくるのに2、3日はかかる事情があります。


つまり、金融機関からの確認がこない2、3日の間は、カード会社では、引き落とされているかいないかは、わからないので、「引き落とされている」という扱いになるのです。


ですから、毎日振替の口座の場合は、1日遅れたとしても、「猶予期間」として、「延滞扱いにできない」わけです。ですから、1日遅れても、カードが止まる、ということはありません。「引き落とされているもの」としてカードは使える状態になっています。


注)あくまでこれは究極の手段です。基本は、引き落としの前日までに口座に入れておくこと。これ、基本です。どうぞ、危ない橋は渡りませんように。。。当日でいいや、翌日でいいや、というクセがつくと、結局延滞になりますよ。


Aカード会社に直接振り込む。
当然、すべての金融機関が毎日引き落としが自動でかかる、というわけではありません。その場合は、確実に、2、3日後には「延滞」としてカード会社にデータがいき、支払が確認できるまでの間カードが使えなくなります。


その場合、次に自動引き落とされるまでそのままにしておくこともできますが、早くカードを使いたい場合は、カード会社に直接振り込むようにしましょう。そうすれば、振り込んでから、2、3日後にはカードが使えるようになります。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード