無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > クレジットカードFAQ > クレジットカードの審査に落ちる人というのは、どんな人なのでしょうか?

クレジットカードFAQ

クレジットカードの審査に落ちる人というのは、どんな人なのでしょうか?

クレジットカードを作る場合、銀行口座などを書きますが、このとき、会社に審査されますよね?どんな人が審査から落ちるのでしょうか?たとえば、職についてない人はダメでしょうか?


審査に落ちる条件は申込書の情報から項目ごとに得点化し、一定の得点に満たなかった場合審査に落ちます。


一概にいえませんが、


・安定した収入がない人

・過去に返済延滞があった人

・同会社カードまたは、他社カードで強制解約になった過去がある人


などはとおりにくいです。


1.在籍確認について

職場に在職確認はある場合とない場合があります。外資系のシティカードはしない場合がほとんどのようです。


また、同じカード会社のカードで2枚目をつくる場合、以前の登録と同じ勤務先と確認できた場合は、
在籍確認を省略するケースがあるようです。


2.専業主婦の場合

専業主婦でも収入がある場合は、作れる場合があります。OMCなど流通系のカードは会員のターゲットを主婦やアルバイトにしているためです。


ご本人に収入がない場合は、夫名義のカードで、家族カードをつくることをおすすめします。


この場合、本会員は夫でも、家族カードにかかれる名前は主婦ご自身の名前のカードです。(家族カードでの利用内容は、本会員にはすべてわかってしまいますが)

3.アルバイトの場合

アルバイトは作りにくいというイメージがあるようですが、作れるカードは増えていますし、実際にアルバイトの人でもカード審査に落ちるケースはあまりないようです。(過去に返済延滞、強制解約等がなければ)


収入の額面よりも、継続年数が長いことが、審査にとおりやすいポイントになります。


1年程度あれば審査に通るケースが多いようです。


通りやすいところとしては、主婦の場合と同じく流通系のカードがとおりやすいようです。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード