無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCカード比較 > イオンカードのETCカード

ETCカード比較

イオンカードのETCカード

ジャスコをはじめ、イオングループ各店舗でショッピング割り引き特典がついているイオンカードでもETCカードを作ることができます。


イオンカードには、単価5,000円以上の商品が偶然による事故で被害を受けた場合、購入日から180日以内であれば補償するというショッピングセーフティー保険もついており、ショッピング好きにとっては使える
カードです。

※年間最高50万円まで。補償を受ける時には、レシート等、購入を証明できる控えが必要となることもあり。


毎月20日、30日にイオン、マックスバリュ、メガマートでカードを提示すると5%の割引が受けられる特典制度もあるので、イオングループ系列の店舗を利用する機会が多い人であれば、ETCカードの選択肢として考えていいのではと思います。

 

イオンETCカードの車両お見舞い制度

そして、他のカードには存在しない、イオンカード独特のサービスといえるのが車両お見舞い制度です。高速道路のゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷した事故に対し、年1回、一律5万円分の見舞金を受け取ることが出来る制度です。

 

クレジットカード所有者が運転、もしくは同乗していた場合に適用される制度です。ただし、カード会員本人、もしくは家族が所有する車であることが条件なので、レンタカーや友人の車には適用されないので、要注意です。

 

ゲートの開閉バーに衝突するということは滅多にありませんが、万が一の時には有り難い補償制度と言えます。

 

イオンETCカードの車両お見舞い制度が適用されないケース

下記の条件にあたる時には、車両お見舞い制度が適用されることはありません。

 

  • 本人、または運転者の故意、重大な過失、犯罪行為による事故
  • スピード違反等、法令違反時の損害
  • 地震・噴火・津波に起因する損害
  • 戦争、武装内乱、その他類似の事変または暴動に起因する損害
  • 外的損傷のない場合
  • ETCカード挿入忘れによる損害
  • ETCバー以外に衝突した損害
  • 損害の発生を認識した日から30日以内に当社に通知していない損害
  • 保証期間中の2回目以降の事故

 

大半の理由は、かなり特殊な条件なので、普通に走行している場合、適用されないのはカードの挿入忘れということぐらいですね。あとは、事故が発生してから30日以内に忘れずにカード会社に連絡するということです。

 

イオンETCカードのブランド

イオンカードはJCBのブランドが利用出来ます。珍しいことなのですが、VISAやMASTER CARDは用意されていません。国内で利用する限りは問題ありませんが、JCBは海外ではアジアや北米、ヨーロッパの一部の国を抜かすと、使える地域が少ないので、そこだけは要注意です。

 

海外での利用も考えて、クレジットカードを作るという人の場合、イオンETCカードは選択肢から外したほうがいいかもしれません。国内利用のみという人にオススメのカードです。



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード