無料ETCカードの比較・解説

無料 ETCカード比較ガイド > ETCカード比較 > 三井住友ETCカードを賢く利用する2つのポイント

ETCカード比較

三井住友ETCカードを賢く利用する2つのポイント

三井住友グループが発行しているETCカードです。年会費は初年度が無料ですが、2年目から1312円の会費が発生します。(学生さんの場合、在学中は無料となっています。)

三井住友ETCカード

 

気になる特典に関しては、ショッピングポイントが付く、海外旅行保険が付いてくるといった、カード特有の特典が一通りついてきます。これらについては、それほど特筆すべきことでもなく、このために三井住友カードを選びましょうとは言えません。

 

ただ、これはいいなと思える特典が2つありますので、ご紹介します。ここに惹かれる人は作成してもいいと思います。

 

三井住友カードを使って、ネットで買い物をするとポイントが2倍になる

三井住友カード会員限定の『ポイントUPモール』を経由して買い物をすると、通常の2〜20倍のポイントがつきます。

 

ネットショッピングをする人にとっては、かなりお得です。ヤフーショッピング・楽天市場という2つのショッピングモールも対象となっているので、メジャーどころのネットショップは、ほぼカバーしていると言ってもいいのではと思います。

 

ヤフーショッピング・楽天市場の場合、倍率は2倍なので、他のネットショップと比較すると少ないように見えますが、それでも通常の倍です。

 

頻繁にネットショッピングを行う人にとっては、見逃せない特典でしょう。

 

コンビニの買い物でポイントが貯まりやすい『iD』機能が付いている

電子マネーの『iD』機能がついており、チャージなしで利用出来ます。カードのショッピングと一緒ですね。

 

『iD』は様々なお店で利用可能ですが、ファミリーマート・ローソン・サークルK・ampmなど、主要なコンビニを殆ど押さえているので、コンビニを利用する人にとっては、願ったりのカードです。

 

コンビニとネットショッピング、どちらも日常的に利用している人は、利用機会が多いと思いますので、どうせなら、このカードを利用して、ポイントを貯めたほうがお得です。

 

ETC機能は共通

最後に、三井住友ETCカードの申し込みページを見ると、『通行料金50%オフ』といった文言が記載されています。大半の人はお気づきだと思いますが、これはETC特有の機能(サービス)なので、どこの会社で作っても一緒です。

 

決して、三井住友ETCカード特有の特典というわけではありません。もしかしたら勘違いする人もいるかもしれず、そうなると、適切な選択が出来なくなる恐れがあるので、一応触れておきます。

 

三井住友ETCカード



eae_line_g.gif
JCB_EIT.jpg 年会費永年無料のETCカード
ポイントが貯まりやすいJCB EITカード



JCBが発行する家族カードも含めて年会費が一切かからないクレジットカード。ショッピング保険が充実しており安心。

JCB EITカード